4/27(土)ケアセミナー あなたの老後は大丈夫? 〜何故、ホームヘルパーが国を相手に訴えざるを得なかったのか〜

ベグライテン ケアセミナー

あなたの老後は大丈夫?

 ~何故、ホームヘルパーが国を相手に訴えざるを得なかったのか~

講師 :伊藤 みどり さん(介護福祉士・ホームヘルパー国賠訴訟原告)

日時 :4月27日(土)14:00~16:30
(13:30から入室できます。)
(当日は時間が取れない方も、事後録画配信で参加できます。)

場所 :雑司ヶ谷地区文化創造館 第1会議室A 及び オンライン

あなたは、体がいうことを聞かなくなった老後を、どこで暮らそうと思っておられますか? 2,000万円も貯金のある人や、子供が大勢いてみんなで見てくれるから大丈夫と言える人は別として、訪問介護を受けたくとも人手不足で契約できない高齢者は多く、介護難民、介護離職、介護虐待が増え続けています。

今年4月から訪問介護基本報酬全てを引き下げられました。介護保険でホームヘルパーの賃金があまりに低く抑えられて来たため、若年者の退職が相次ぎ、高齢のヘルパーによってかろうじて維持されてきた在宅介護も、ヘルパーの離職と地域に根差した小規模事業所の倒産・閉鎖により、文字通り介護を受けたくとも受けられない状況になりつつあります

このような状況を見すえて、私は、2019年11月1日、国を被告とし東京地方裁判所に損害賠償請求訴訟をおこしました。

あなたの老後は大丈夫? 介護保険崩壊は地域社会の危機だと、自分事として考えて欲しいです。

講師略歴 1970年代から 性差別と労働問題を取り組んできた。1995年 女性ユニオン東京結成 執行委員長など経て現在組合員。2007年 はたらく女性の全国センター(ACW2)結成 初代代表、現在会員。2011年8月 訪問介護事業所にて登録ホームヘルパーとして働き始める。2019年11月~ホームヘルパー国賠訴訟 原告の一人となる。

著書 賃金と社会保障(旬報社)、「私の女性労働運動史~歴史のごみ箱から拾い出す~」連載中

申込み方法①:当日 会場参加(東京都豊島区雑司が谷3-1-7  03-3590-1253)
「東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅」2番出口直結

次のURLからお申込みください。地図や交通案内も載っています。
https://forms.gle/4tKAnQXB8Uefm47x7

申込み方法②:当日オンライン 及び 事後録画配信

次のpeatixアドレスから申込み(注1)、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)  https://begleiten240427.peatix.com/

当日参加できないので事後録画配信を希望する人は、アンケートにその旨記入してください。

コンビニ経由でのお申込み・お支払いは4月26日(金)まで、クレジットカードでのお申込み・お支払いは4月27日(土)12:00までです。

*ZoomのURL:お支払い確認後、4月27日(土)13:00~13:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

*Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

 


主催:ベグライテン * 

HP: http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2/
Twitter: https://twitter.com/Begleiten2001 

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/25(木)憲法カフェ 政治資金規正法改定の勘所

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷 (第3期 第57回)

政治資金規正法改定の勘所

日 時:2024年4月25日(木)19:30―21:30
(19:15から入室できます。)
この時間に参加できない方は、事後録画送付をご利用ください。

場 所:Zoomによるオンライン・ミーティング

提題者:森田 俊隆 さん(キリスト教会信徒伝道師)

自民党の裏金問題に関連して、岸田総裁は今国会で政治資金規正法の改定までやろうとしています。急ぐべきではありません。腰を入れて、市民の常識に合致した改定を実現する必要があります。今回の集まりでは、改定に際しての肝心要な点をいくつか申し上げます。

①  企業・団体による政治献金・寄付、Party券購入の全面禁止。5万円超/年、個別記載。
②  政治団体から政治家個人への寄付の全面禁止(「政治活動費」「陣中見舞い」等)
③  法違反に関する連座制の導入。検察による恣意的判断の禁止。告発に基づく国税庁調査。
④  政治資金の受取、支払、移動はすべて銀行口座を通じて行うことを義務付ける。
⑤  法運用状況の監視、適切な提言の目的で国会に第三者委員会を常置する。
⑥  政治資金報告、政党交付金報告をすべてエクセル形式とし、総務省に一元化する。

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み(注1)、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)
https://begleiten240425.peatix.com/

ZoomのURL:
お支払い確認後、4月25日(木)18:30~19:00に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

 


Zoomを使用されたことのない方
には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

主催 : ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2
TW: https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先: 関根 k_sekine@f7.dion.ne.jp  090-9146-6667

4/21(日)例会 ガザ戦争と今後のイスラエル──国際的変動の中のガザ戦争──

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン 4月例会

ガザ戦争と今後のイスラエル ──国際的変動の中のガザ戦争──

講師 孫崎 享さん(元外務省国際情報局長)

日時 2024年4月21日(日) 14:00~16:30
(13:30から入室できます。)
(当日参加できない方は、事後録画配信をご利用ください。)

場所: Zoomによるオンラインで行います。

講師からのひとこと

今日、ガザ戦争はウクライナ戦争、台湾問題と並び、世界情勢を不安定にしている。戦後最も不安定な時代と言っていい。
何故こうした不安定な状況が出たのか。偶然ではない。米国の一極支配が壊れ、購買力平価ベースでは中国が米国を抜き、G7のGDP合計が非G7の7か国合計の下となった。このことは、単に経済分野に限らず、外交、軍事の面にも及んでいる。最早米国、それとの一体を図るG7諸国が世界を動かす時代は去った。
中東においても米国の軍事支援をうけるイスラエルの軍事的優位は圧倒的だった。これにパレスチナを含め、アラブ諸国が軍事的に対抗することは考えられなかった。
私は、今次戦争はイスラエルがその政策を抜本的に変えないと、長期的にイスラエルの崩壊につながる動きでないかと思っている。ミサイル、無人機でのイスラエル攻撃は、イスラエルの国内ないしパレスチナに限定されず、周辺国から実施でき、これらすべてを制御できない。

講師略歴: 1966年東京大学法学部中退、外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を経て、2002年から09年まで防衛大学校教授。この間公共政策学科長、人文社会学群長を歴任。

主な著書: 「戦後史の正体 1945-2012」、「日本人のための戦略的思考入門」、「日本の国境問題―尖閣・竹島・北方領土」、「日米開戦の正体」、「21世紀の戦争と平和」、「同盟は家臣ではない」等。

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:ズームによるオンライン & 事後録画配信
次のpeatixアドレスをクリックし(注1)、開いたページの右側下部にある「チケットを申し込む」ボタン(橙色)から申し込んでください。
https://begleiten240421.peatix.com/
(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)

*当日参加できないので事後配信を希望する人は、アンケートにその旨記入してください。)

コンビニからのお申込み・お支払いは4月20日(土)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、4月21日(日)12:00までです。

ZoomのURL:お申込み確認後、4月21日(日)13:00~13:30にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

主催 : ベグライテン   http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001  

連絡・問合せ先:

関根 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/7(日)例会 原発回帰をしてはいけないこれだけの理由 穴だらけの原子力防災、核のごみ、原発のお値段、放射能汚染

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン 3月例会

原発回帰をしてはいけないこれだけの理由

  穴だらけの原子力防災、核のごみ、原発のお値段、放射能汚染

講師 満田夏花(みつた・かんな)さん
(国際環境NGO FoE Japan 事務局長)

日時 2024年4月7日(日) 14:00~16:30
(13:30から入室できます。)
(当日参加できない方は、事後録画配信をご利用ください。)

場所: Zoomによるオンラインで行います。(対面会場への申込みが極めて少ないので、オンラインのみにさせていただきます。

講師からのひとこと

原発事故から13年もたたない2023年、政府ははっきりと原発推進に舵を切りました。「脱炭素」の名のもとに、原発再稼働や運転期間の延長を後押しし、次世代革新炉の開発・建設に資金を投じるGX推進法、GX脱炭素電源法(原子力基本法、原子炉等規制法、電気事業法など5法の改正)が国会を通過したのです。経済合理性がない原発は、もはや生き残ることができないため、国が私たちの税金を使って原子力産業をテコ入れする、そのための法的環境を整えたとみるべきでしょう。

本年元日に発生した能登半島地震では、震源近くに立地する志賀原発も強い揺れに襲われ、多くのトラブルが生じました。幸いにして長期停止中だったため、深刻な事故にこそ至りませんでしたが、改めて原発の脆弱性、とりわけ原子力防災の非現実性を浮き彫りにしました。

原発は、ウラン採掘から燃料加工、運転、核燃料の処理・処分、廃炉に至るまで、放射性物質による汚染や人権の問題がつきまといます。
原発のコストは上昇を続け、今や最も高い電源です。経済的な理由だけでも、脱原発は必要でしょう。

講師略歴: 2009 年よりFoE Japan にて、日本の資源調達や開発援助が発展途上国などに及ぼす影響等について調査・政策提言に取り組む。2011 年3 月11 日を機に、原発事故被害者の権利や避難者支援、脱原発、エネルギー転換をめぐる運動や政策提言活動に従事。

主な著書:
『福島と生きる: 国際NGOと市民運動の新たな挑戦』            (共著、新評論、2012年)、
『「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」』      (共著、合同出版、2014年)など。

参加費:一人 1,000円
(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:ズームによるオンライン & 事後録画配信
次のpeatixアドレスをクリックし(注1)、開いたページの右側下部にある「チケットを申し込む」ボタン(橙色)から申し込んでください。
https://begleiten240407.peatix.com/
(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)

*当日参加できないので事後配信を希望する人は、アンケートにその旨記入してください。
*コンビニからのお申込み・お支払いは4月6日(土)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、4月7日(日)12:00までです。

 Zoom の URL:お申込み確認後、4月7日(日)13:00~13:30
に Zoom の URL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催 : ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001 

連絡・問合せ先:

関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/30(土)公共哲学入門 法・経済と文化主義 日本の公共性が歪んだ歴史を振り返る

連続講座・公共哲学入門2022/23(第6回)

 

法・経済と文化主義

日本の公共性が歪んだ歴史を振り返る

 

講師 :大橋 容一郎 さん(上智大学名誉教授)

日時 :3月30日(土)14:00~16:30
(13:30から入室できます。)
(当日は時間が取れない方も、事後録画配信で参加できます。)

場所 :大橋先生のご実家 及び オンライン

昭和初期、10年間にわたった高度成長とバブルがはじけた後、わずか15年のあいだに日本は自由主義・民主主義・文化主義を捨て、軍国主義・国家主義・扇動文化路線へと急速に傾斜していきました。今日われわれがまちがった道を繰り返さないためには、歪んだ道の歴史を知ることが重要です。大正から昭和の精神史を振り返ります。

講師略歴 1952年2月東京都生まれ。上智大学文学部で長く教え、同大哲学科長、文学部長等を歴任。多数の国公私立大学でも講義。2022年4月より同大名誉教授。上智大学グリーフケア研究所客員所員、日本フィヒテ協会会長。
業績 『カント全集』(岩波書店)、『フィヒテ全集』(晢書房)、『広辞苑第7版』(岩波書店)、 『世界人名大辞典』(岩波書店)、 『哲学思想事典』(岩波書店)、『哲学の歴史』(中央公論新社)など多数の全集・辞書を監修。ケアと身体の哲学・近代日本思想などに関する学術論文多数。  専門は、カント哲学・近世現代哲学。
最近の動向 岩波書店『思想』に連載した近代日本哲学思想の書籍化と同時に、カントなどの基本著作翻訳の出版企画のまとめ役を務めている。

申込み方法①:当日 会場参加
13:40(厳守)に、丸ノ内線新高円寺駅荻窪行きホームの改札出口に集合。
大橋先生のご実家までご案内します。
*次のURL又はQRコードからお申込みください。
https://forms.gle/9s8fW4L8wB67BJ1i6 

申込み方法②:当日オンライン 及び 後日録画配信
次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
(QRコードは、下記URLのチラシにあります。)
https://begleiten240330.peatix.com/
当日参加できないので事後録画配信を希望する人は、アンケートにその旨記入してください。

コンビニからのお申込み・お支払いは3月29日(金)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、3月30日(土)12:00までです。

 *ZoomのURL:お申込み確認後、3月30日(土)13:00~13:30にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

 

主催:ベグライテン *
HP: http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2/
Twitter: https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/28(木)憲法カフェ 裏金問題とは何か? 政治資金規正法改正にむけて

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷 (第3期 第56回)

 

裏金問題とは何か?

政治資金規正法改正にむけて

 

日時:2024年3月28日(木)19:00―21:00
(18:45から入室できます。)

場所:東京法律事務所1F会議室 &
Zoomによるオンライン・ミーティング
(事後録画配信はありません。)
※対面会場は中止し,オンラインのみとなります。

提題者:岸 松江 弁護士(東京法律事務所)

自民党の裏金問題について説明責任も果たされず、政治への不信感は日に日に高まっています。
一方で大軍拡と暮らし社会保障費の削減、憲法違反の殺傷能力武器輸出の閣議決定・・・など国民の声を無視した政治がまかり通っています。
裏金問題の本質は、お金で政治がゆがめられ国民の声が国会に届かなくなることではないでしょうか。政治資金規正法とは? 裏金問題の本質とは? 企業団体献金はどうあるべきか? みなさんと考えます。

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法①: 会場参加  東京法律事務所 1Fホール
(新宿区四谷1-4 四谷駅前ビル  03-3355-0611)
中央線・総武線/丸の内線・南北線 四ツ谷駅下車(四ツ谷口)徒歩1分

次のURL又はQRコードからお申込みください。地図や交通案内も載っています。 https://forms.gle/B1XD1yqWV5YLM6Gi7

申込み方法②:オンライン(録画事後配信はありません。)
次のpeatixアドレスから申込み(注1)、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)  https://begleiten240328.peatix.com/

コンビニ経由でのお申込み・お支払いは3月27日(水)まで、クレジットカードでのお申込み・お支払いは3月28日(木)18:00までです。

*ZoomのURL:お支払い確認後、3月28日(木)18:30~19:00に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

 

主催 : ベグライテン *
HP:http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2
TW: https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先:関根 k_sekine@f7.dion.ne.jp  090-9146-6667

 


ベグライテンHP: http://begleiten.org/
ベグライテンFB: https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/
ベグライテンTwitter: https://twitter.com/Begleiten2001

3/3(日)連続講義・ケアの哲学入門 ケアの倫理学~いのちの深みから~

posted in: オンライン, セミナー | 0

連続講義・ケアの哲学入門2023/24(第3回)

ケアの倫理学 〜 いのちの深みから 〜

講師:﨑川 修 さん (ノートルダム清心女子大学 教授)

日時:3月3日(日)14:00~16:30 (13:30から入室できます。)
(当日お時間が取れず参加できない方は、後日録画をお送りする形で参加いただけます。)

場所:Zoomによるオンラインで行います。

講師からのひとこと

ケアを学ぶことは、決していわゆる「ケアワーカー」の専門的な知識や技術を身につけることではありません。ケアは私たちが人間として生きていくために与えられた可能性であり、時代を超えて引き継がれてきた「文化」です。高度な科学文明のもとで複雑に絡み、悩み多き現代の日常を生き抜くために、今や私たちの誰もが「ケア」の視点を備え、人と世界のあり方を見つめなおしていく必要があると思われます。

今年度は3回にわたり、ケアについて学び、考え、生きて行くための基本となる視座についてお話しして行く予定です。第3回目は、ケアの根源にある「いのち」への眼差しと、それを守り支えるために必要な倫理的態度について、ウィトゲンシュタインやフランクルの思想を参照しながら、ご一緒に考えます。
(今年度の予定)
第1回 ケアの哲学 ~「かかわり」を見つめる~(終了)
第2回 ケアの人間学 ~物語と身体のあいだ~(終了)
第3回 ケアの倫理学 ~いのちの深みから~(今回)

講師略歴:
1971年 東京生まれ 上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期退学
2009年 上智大学文学部哲学科常勤嘱託講師(キリスト教人間学担当)
2013年 ノートルダム清心女子大学人間生活学部に着任(現在に至る)
専門は現代哲学、人間学、キリスト教倫理。

著書
『他者と沈黙〜ウィトゲンシュタインからケアの哲学へ』(晃洋書房)
『教養としての応用倫理学』(共著・丸善出版)
『ケアを生きる私たち』(共著・大学教育出版)など

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

お申込み・お支払い方法: 次のpeatixアドレスをクリックし(注1)、開いたページの右側下部にある「チケットを申し込む」ボタン(橙色)からお申し込みください。
https://begleiten240303.peatix.com/
(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)

・お申込み・お支払いは、コンビニ経由の場合3月2日(土)まで、
クレジットカード利用の場合は、3月2日(日)12:00までです。
・事後に録画配信を希望される方は、アンケートにその旨ご記入ください。

ZoomのURL: お支払い確認後、3月3日13:00~13:30にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

共催 : ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

ケアミーツアート研究所
https://www.facebook.com/mforest/?locale=ja_JP

問合せ・連絡先:関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

2/29(木) 憲法カフェ パレスチナ・ウクライナ・アフガニスタン戦争の共通点とwarパワーの優勢

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷 (第3期 第55回)

パレスチナ・ウクライナ・アフガニスタン戦争の共通点とwarパワーの優勢

日本国憲法のpeaceパワーで世界をリードせよ

日 時:2024年2月29日(木)20:00―22:00
(19:45から入室できます。)

場 所:Zoomによるオンライン・ミーティングで行います。

提題者:蓼沼 紘明 さん(ライター)
パレスチナとウクライナの「戦争」を止めることができません。アフガニスタンとアメリカの間でも実質的な戦争状態が続いています。とりわけ、ガザ地区では、イスラエルのジェノサイドである公開ホロコーストによる住民の断末魔の叫びを無視し、人道支援さえ停止する日本を含む各国政府による実質的なイスラエル支援政策を変えることもできません。西側諸国では右翼が主流の政治勢力と連携して1930年代のファシズムの状態に類似してきたという識者の警告もあります。

現状を打開するためには、個々の戦争の分析に止まることなく、3つの戦争に共通する要因(①武力紛争や戦争の原因、条件作り②侵略戦争の開始ないし当事国支援③停戦・和平の提案の拒絶)を抽出して戦争の実態を深く理解する必要があります。日本のメディアは、極めて米英サイドに偏向しており、国民は盲目状態です。15世紀末以降の「欲望・カネ・戦争・ダマシ」の世界史を転換する必要があります。

提題者略歴:1943年、満蒙開拓青年義勇隊訓練所に生まれる。東京都庁職員、東京地方裁判所書記官、株式会社法学館・法学館憲法研究所等勤務

著書:『いのち輝け 2度とない人生だから~私の日本国憲法「ともいき」日記』(5月出版予定)

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:
次のpeatixアドレスから申込み(注1)、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)
https://begleiten240229.peatix.com/

コンビニ経由でのお申込み・お支払いは2月28日(水)まで、クレジットカードでのお申込み・お支払いは2月29日(木)19:00までです。

ZoomのURL:お支払い確認後、2月29日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

 

 

主催 : ベグライテン
HP: http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2/
Twitter: https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ先:
関根 k_sekine@f7.dion.ne.jp  090-9146-6667

2/18(日)例会 政治改革と政権交代 自民党政治をいかに終わらせるか

posted in: オンライン, 例会, 対面 | 0

ベグライテン 2月例会

 

政治改革と政権交代
自民党政治をいかに終わらせるか

 

講師 山口 二郎 さん(法政大学教授・政治学者)

日時 2024年2月18日(日) 14:00~16:30
(13:30から入室できます。)
(当日参加できない方は、事後録画配信をご利用ください。)

場所:  雑司ヶ谷地区文化創造館第1会議室A 
Zoomによるハイブリッド形式

講師からのひとこと

岸田政権が政策的迷走を続ける中、昨年末から自民党の裏金疑惑が噴出し、支持率は記録的な低水準を示しています。1990年代前半に、大きな腐敗事件を踏まえて政治改革を行ったはずですが、自民党は何も変わっていません。また、順法感覚がマヒした自民党政権が安全保障政策の大きな転換を図り、憲法改正を企図するというのは、日本の民主主義や法の支配に対する最終的な挑戦と言わなければなりません。
岸田政権の命脈は尽きようとしているのかもしれませんが、次の衆議院選挙に向けて日本の民主主義を守る市民、野党勢力の協力で政権交代を目指す体制をつくることが急務です。その道筋について考えてみたいと思います。

講師略歴:
1981年東京大学法学部卒 北海道大学を経て、
2014年より法政大学教授

主な著書:
『民主主義へのオデッセイ 私の同時代政治史』(岩波書店、2023年)
『民主主義は終わるのか』(岩波新書、2019年)

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法①: 会場参加  雑司ヶ谷地区文化創造館第1会議室A
東京メトロ 副都心線 雑司が谷駅 2番出口直結
都バス「千登世橋」停留所より徒歩2分 (池65、池86)
次のURLからお申込みください。
https://forms.gle/5T2j8TTrT28QUEiA7

申込み方法②:ズームによるオンライン  事後録画参加
次のpeatixアドレスをクリックし(注1)、開いたページの右側下部にある「チケットを申し込む」ボタン(橙色)から申し込んでください。
https://begleiten240218.peatix.com/
(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。)

*当日参加できないので事後配信を希望する人は、アンケートにその旨記入してください。)
*コンビニからのお申込み・お支払いは2 月17日(土)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、2月18日(日)12:00までです。

*Zoom の URL:お申込み確認後、2月18 日(日)13:00~13:30に Zoom の URL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
*Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

連絡・問合せ先:関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

2/8(木) 憲法カフェ 自民党裏金問題と市民の政治参加

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷 (第3期 第54回)

自民党裏金問題と市民の政治参加

日 時:2024年2月8 日(木)20:00―22:00
(19:45から入室できます。)

場 所:Zoomによるオンライン・ミーティングで行います。

提題者:森田 俊隆 さん(キリスト教会信徒伝道師)

「しんぶん赤旗」の報道をきっかけとし、政治家告発で有名な上脇博之神戸学院教授の告発に始まった自民党裏金問題も「大山鳴動して鼠一匹」で収束しそうな気配です。野党は「徹底解明」、「政治資金規正法の大改定」を言っていますが、実現可能性はかなり「?」です。では、来る総選挙で、今回疑惑を投げかけられた多くの自民党議員が軒並み落選する状況が生まれるでしょうか。こちらも、実現可能性はかなり「?」です。

「政治の世界なんかそんなものよ」というアパシー的空気が一般化しており(特に若年層)、これら疑惑の政治家を引きずり下ろすだけの投票行動が期待できないからです。候補者が何を言っているかは無視して、自民党以外の候補者であればだれでも良いのです。ここまで書くとさすがに言い過ぎかもしれませんが、とにかく投票です。

それにしても、30%台に象徴される、国民の政治参加がここまで後退した状況はどうして生まれたのでしょう。政治的民主主義が全く育っていなかったのです。このような社会にしてしまったのには、今や年金世代であり、高度経済成長を支えた団塊以前の世代に重大な責任があるのではないか、という思いを禁じえません。若干でもその「償い」をするには何をしたら良いのでしょうか。団塊後の人たちにも加わって貰い、共に考えてみたいと思います。

(もともと初心者向けの話し合い型の勉強会です。ご家族、友人を誘ってご参加ください。SNS、MLなどで、宣伝してくださるようにお願いします。)

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:次のpeatixアドレスから申込み(注1)、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、下記URLのチラシ(注2)にあります。) https://begleiten240208.peatix.com/view

ZoomのURL:お支払い確認後、2月8日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

 

 

主催 : ベグライテン
HP: http://begleiten.org/
FB: https://www.facebook.com/begleiten2/
Twitter: https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先:
関根 k_sekine@f7.dion.ne.jp  090-9146-6667

1 2 3 4 27