7/3(土)例会 「中国の脅威」に憲法9条や外交は無力なのか?

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン7月例会

「中国の脅威」に憲法9条や外交は無力なのか?

日米同盟「最大のリスク」と「もう一つの選択肢」

 

講師:布施祐仁さん(フリージャーナリスト)

日時:7月3日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

 

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

講師からのひとこと

7月の参議院選挙は、日本にとって大きな分岐点になるでしょう。
岸田政権は、これまで国是としてきた「専守防衛」を投げ捨てて「敵基地攻撃能力」の保有に踏み出し、防衛費をGDP2%(11兆円)規模へと倍増させ、さらに憲法9条を改正してフルスペックの集団的自衛権行使ができる国にしようとしています。今度の選挙で自民党が大勝し、改憲勢力が3分の2以上の議席を獲得すれば、岸田政権は国政選挙がない「黄金の3年間」を使って、こうした政策を着実に実行していくでしょう。

しかし、こうした「力には力」の政策はけっして日本や東アジアに平和をもたらさないと私は考えています。ロシアのウクライナ侵略のショックで「外交は無力」という考えが一時的に広がっていますが、けっしてそうではない、外交こそが戦争を抑止するのだということを、実例をもって示したいと思います。

自民党政権が進める対米追随・日米同盟一辺倒の安全保障政策に代わる「もう一つの選択肢」をご一緒に考えましょう。

講師略歴:1976年生まれ。平和・安全保障問題を中心に20年余、取材・報道を続けている。
これまでに、平和協同ジャーナリスト基金賞、JCJ賞、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞などを受賞。

主な著書
・『日米密約裁かれない米兵犯罪』(岩波書店)
・『自衛隊海外派遣隠された「戦地」の現実』(集英社)
・『日米同盟・最後のリスクなぜ米軍のミサイルが日本に配備されるのか』(創元社)
・『日報隠蔽南スーダンで自衛隊は何を見たのか』(共著、集英社)
・『主権なき平和国家地位協定の国際比較から見える日本の姿』(共著、集英社)

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220703.peatix.com/
コンビニからのお申込み・お支払いは7月2日(土)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、7月3日(日)12:00までです。

ZoomのURL:お申込み確認後、7月3日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

 

問合せ・連絡先:関根和彦
090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

6/11(土)例会「ウクライナ戦争」をどう診るか

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン6月例会

 

「ウクライナ戦争」をどう診るか─日本国憲法からの視点

 

講師:水島朝穂さん(早稲田大学法学学術院教授)

 

日時:6月11日(土)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

 

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

講師からのひとこと

ウクライナの戦争をめぐっては、30年以上にわたって積み重ねられてきた複雑な要素や関係、そしてバイデン政権の「不都合な事情」(2024年の返り咲きを狙うトランプとの関係も含めて)が背後に介在していることに注意が必要である。

ユルゲン・ハーバーマスは、ロシアという大国によるあからさまな侵略行為と、日々の市民の犠牲者の悲惨な映像を前に、「情動」「激情」「感情」を体現した政治家が結論を急ぐことに警鐘を鳴らしている(「戦争と憤激」(KriegundEmpörung)『南ドイツ新聞』4月29日付)。北欧諸国のNATO加盟の危うさや、日本における「惨事便乗型改憲」の動きなど、さまざまな問題について論じていく。

講師略歴:
1983年札幌学院大助教授、1989年広島大助教授を経て、1996年より現職。博士(法学)。
全国憲法研究会代表(2014-2015)。
ホームページ連続更新25年。http://www.asaho.com/jpn/index.html

主な著書:
『平和の憲法政策論』(日本評論社)、『18歳からはじめる憲法』(法律文化社)、『ライブ講義徹底分析集団的自衛権』(岩波書店)ほか。

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220611.peatix.com/

コンビニからのお申込み・お支払いは6月10日(金)まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、6月11日(土)12:00までです。

ZoomのURL:お申込み確認後、6月11日(土)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン

http://begleiten.org/

https://www.facebook.com/begleiten2

https://twitter.com/Begleiten2001

 

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

5/8(日) 5月例会「ウクライナ問題」

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン5月例会

ウクライナ問題

 

講師:孫崎享さん(元外務省国際情報局長)

日時:5月8日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

いま日本ではウクライナ問題につき、ロシアに対し「一億総糾弾」「一億総制裁」の雰囲気である。
そもそも何故ロシアの侵攻があったのであろうか。
ロシアは何を要求しているのであろうか。
その要求は国際的にみて合理性を持っているのか、持っていないのか。

そして今、ウクライナ問題で何より求められるのは、早期に停戦し、数百万と言われるウクライナ人が帰国し、ウクライナに残った人々も戦争に巻き込まれることをなくし、早期に平常な生活に戻れることなのではないのか。

それを実現するために如何なる条件があるだろうか。
又、早期の妥結が遠のいているような状況であるが、それは何故か。

 

講師略歴:駐イラン大使、防衛大学校人文社会学郡長

主な著書:『戦後史の正体』、『アメリカは中国に負ける』、『日本国の正体』

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220508.peatix.com/

コンビニからのお申込み・お支払いは5月7日まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、5月8日12:00までです。

ZoomのURL:お申込み確認後、5月8(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FaceBook:https://www.facebook.com/begleiten2
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/17(日) 原発事故から11年 福島の今は

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン4月例会

 

原発事故から11年 福島の今は

 

講師:武藤類子さん(福島原発告訴団団長)

日時:4月17日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

 

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

原発事故から11年の月日が経つが、未だ「原子力緊急事態宣言」は解除されず、事故は続いている。

しかし、「復興」という言葉が大きくクローズアップされ、被災地に莫大な復興予算を投じた、福島県には今までなかった最先端技術を開発する研究所や、企業が次々と進出し、県外からの移住政策が推進され、「事故は終わった、前へ進んで行こう」という空気が醸成されている。

その陰で、ALPS処理汚染水の海洋放出、汚染土を「再生資材」と名を変えての再利用、小児甲状腺がんの多発、子どもたちへの放射線教育の後退、原発サイト内での被ばく労働など深刻な問題は不可視化されている。「故郷を元に戻してほしい」という原発事故の被害者が望んだ復興とは、大きく乖離していると感じる。

原発は一度事故を起こしてしまったら、被害が長く続くだけではなく、多岐に広がる。ロシアのウクライナの原発への攻撃で、原発は核兵器にもなり得るという事を多くの人が認識したと思う。地球はあらゆる生命の住処。今、人類の一人一人が本気で原発について考える必要がある。

 

講師略歴:
1953年福島県生まれ。福島県三春町在住。版下職人、養護学校教員を経て、2003年に里山喫茶「燦(きらら)」を開店。チェルノブイリ原発事故を機に反原発運動にかかわる。福島原発事故後は、東電旧経営陣の刑事責任を問う活動の他、原発事故被害者団体連絡会代、3・11甲状腺がん子ども基金副代表理事を担う。

主な著書:
「福島からあなたへ」「10年後の福島からあなたへ」(大月書店)、「どんぐりの森から」(緑風出版)

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220417.peatix.com/

ZoomのURL:お申込み確認後、4月17日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/26(日) ウクライナ情勢が我々に問いかけるもの

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン3月例会

 

ウクライナ情勢が我々に問いかけるもの

 

講師:柳沢協二さん(元内閣官房副長官補・防衛研究所長)

 

 

日時:3月26日(土)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

ロシアがウクライナに侵攻しました。毎日のように流される映像は、戦争の悲惨さ・無益さを伝えています。私は、満身の怒りをもって非難するとともに、国際世論が大国の横暴を止めるべき時代が来たことを痛感しています。そうでなければ、ウクライナの悲劇はくり返されると思うからです。

 

講師略歴:
東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し運用局長、防衛研究所長などをへて、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。現在、国際地政学研究所理事長、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会代表。

主な著書:
・『官邸のイラク戦争』(2013岩波書店)
・『亡国の安保政策―安倍政権と「積極的平和主義」の罠』(2014年4月25日、岩波書店)
・『自分で考える集団的自衛権――若者と国家』(2014年10月17日、青灯社)
・『亡国の集団的自衛権』(2015年2月17日、集英社新書)
・『憲法カフェで語ろう・9条・自衛隊・加憲』(2018かもがわ出版)

 

参加費:無料(ウクライナ支援にお回しください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。無料なので簡単です!
https://begleiten220326.peatix.com/

ZoomのURL:お申込み確認後、3月26日(土)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:関根和彦
090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

2月例会  混迷を深める日本政治 市民社会と野党共闘のゆくえ

posted in: オンライン, 例会 | 0
  • 講師

中野 晃一 さん(上智大学国際教養学部教授)

 

  • 講師からのひと言
2021年10月末の衆議院選挙を受けて、日本政治は混迷を深めている。右派改憲勢力の「勝利」が喧伝され維新の会などが勢いづく一方、立憲野党の共闘の枠組みは大きく揺さぶられ、一見穏健に見える岸田首相の下、政治システム全体のさらなる右傾化が静かに用意されていると考えられる。
2012年12月衆議院選挙に始まった歯止めなき「2012年体制」はこのまま定着してしまうのか。リベラル左派連合を構築する試みとしての野党共闘は「終わった」のか。だとすると、日本の民主主義も「終わった」のか。
大きな岐路を再び迎えた今年2022年、夏に参議院選挙が予定されている。政党政治の建て直しに向けた新たな一歩が踏み出せるのか。またその前提として、2015年安保法制反対を契機として盛り上がった市民運動の刷新と再構築は可能なのか。
昨年衆議院選挙の総括を踏まえて今日の政治情勢を捉え直し、参議院選挙に向けた市民社会の取り組みについて考えるきっかけとしたい。

日時:2022年2月27日(日) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)

方法:Zoomによるオンライン講演会です。

 

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。

https://begleiten220227.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、2月27日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご

連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 主催 : ベグライテン   http://begleiten.org/

https://www.facebook.com/begleiten2

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

10/30(土)新型コロナ感染症について ~特徴と対策~

posted in: オンライン, 例会 | 0
ZOOMによるオンライン講演会

新型コロナ感染症について

~特徴と対策~

講師:青木正美さん

(公益社団法人日本女医会理事)

 

 

10月30日(土) 

午後 14:00~16:00

(13:00から入室できます。)

参加費:1人1,000円

 

新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックが始まって1年8ヶ月が経ちますが、意外に知られていない事実がたくさんあります。

それは日本の国が積極的な病気の啓蒙や対策を怠ってきたことに因るのではないかと思っています。

もう一度、新型コロナについて   ご一緒に考えてみませんか?

 

【講師プロフィール】
1985年獨協医科大学第一麻酔科入局
1996年より青木クリニック院長
2004年より関西学院大学災害復興制度研究所研究員
2018年より公益社団法人日本女医会理事
【著書】
『首と肩の痛みをとる本』講談社

 

申込み方法:次のpeatixアドレス又はQRコードから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
https://begleiten211030.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、10月30日(土)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

主催 : ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FaceBook:https://www.facebook.com/begleiten2
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

 

 

10/17(日)「高まる米中対立と日本の選択」

posted in: オンライン, 例会 | 0

講師 孫崎 享 さん(元外務省国際情報局長)

 

日本の多くの人は、米国は世界最強だからこれについていけばいい。今日の日本の繁栄は米国のおかげだ」と思っていると思います。

でも、その状況は今変わってきているのです。経済では、購買力ベースのGDP(CIAは“真のGDP”と呼んでいます)では中国が米国の上です。中国は技術を外国から取ってきている、時に盗んでいると思っていられると思いますが、科学分野での論文数では、中国は今や量と質で世界一です。更に米国国防省が実施した台湾周辺での「ウォーゲーム」18全てで米国は中国に負けています。こうした事実をご存じでしたか。ご存じないとすれば、何故でしょう。日本では歪んだ情報伝達システムの下にあると言っていいでしょう。

これらの新しい現象を踏まえ、日本の安全保障政策を考えたいと思います。その際のキー・フレーズを書きます。「日本の安全は軍事では守れない。しかし外交で武力紛争を避ける道はある」

 

  • 略歴 東アジア共同体研究所所長。1943年旧満州国鞍山生まれ。1966年東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002年より防衛大学校教授。この間公共政策学科長、人文社会学群長を歴任。2009年3月退官。
  • 主な著書  『日米同盟の正体』『戦後史の正体』『日米開戦の正体』『日本の領土問題―尖閣・竹島・北方領土―』『小説外務省―尖閣問題の正体』、『21世紀の戦争と平和』『日米開戦へのスパイ』『アーネスト・サトウと倒幕の時代』、『13才からの日本外交』『日本国の正体』。2021年9月7日「アメリカは中国に負ける: 日本はどう生きるのか (河出文庫) を出版。

 

日時:2021年10月17日(日) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)

方法:Zoomによるオンライン講演会です。

申込み方法:次のpeatixアドレス又はQRコードから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。

https://begleiten211017.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、10月17日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催 : ベグライテン

http://begleiten.org/

https://www.facebook.com/begleiten2

https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

10/3(日) 政治の転換は可能か~命と人間の尊厳を守るために~

posted in: オンライン, 例会 | 0

講師 高田 健 さん

(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合運営委員)

 

新型コロナウィルス感染の急速な拡大の中で、菅自公政権の統治能力の喪失は明らかです。
この現状は10年来の安倍・菅政権による立憲主義の破壊や、

権力の私物化・情報隠蔽・独善的政治、新自由主義による格差と貧困の拡大などの結果です。

人びとのいのちと人間としての尊厳が危機にあります。

各種の世論調査でも、多くの人々が政権への不支持を表明しています。

私たちは、目前に迫った総選挙を通じて、

この政治をいのちと人間の尊厳を守る政治に転換できるのかが問われています。

この課題は決して容易ではありませんが、困難にひるまずに、

立憲主義に沿った政治をめざす野党各党と市民連合など全国の

政治の変革を願う市民の共同をつくり出し、政治の転換を実現しなくてはならないと考えます。

政治の現状と問題点を明らかにし、転換の方向性を考え、転換のための方策と可能性を考えたいと思います。

 

略歴

1944年福島県郡山市生まれ。1999年許すな!憲法改悪・市民連絡会結成。2014年憲法9条を壊すな!実行委員会結成に参加。

同年12月戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会結成に参加。2015年12月市民連合結成、運営委員。

2016年総がかり行動委員会共同代表に就任。

 

主な著書

中高生からの平和憲法Q&A(共著・晶文社)2011年

2015年安保 総がかり行動(梨の木舎)2017年

対決!安倍改憲(梨の木舎)2020年

日時:2021年10月3日(日) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)

方法:Zoomによるオンライン講演会です。

参加費: 1,000円 (入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

 

申込み方法:次のpeatixアドレス又はQRコードから申込み、

各自が選択された方法で事前にお支払いください。  

https://begleiten211003.peatix.com/

 

8/28(土) コロナパンデミックの世界に収束の兆しはあるのか。〜展望はどこに?〜

posted in: オンライン, 例会 | 0

 

 

ベグライテン 2021年08月例会

コロナパンデミックの世界に収束の兆しはあるのか。

〜展望はどこに?〜

 

講師:伊藤真美 先生(花の谷クリニック院長)

 

1980年代から始まる新自由主義の医療政策下で、花の谷クリニックでの、また私自身の医師としての活動がどのように変遷してきたかをたどりながら、日本の医療の現状をお話したいと思います。そして地域の医療に携わる立場から見えてくるコロナパンデミック下での日本の医療の現実についてもお伝えしたいと思います。

資本主義下の医療政策を大きく転換して、「医療は社会的共通資本」との宇沢弘文さんの言葉の真意を形にしていく必要性を感じています。このコロナ禍は世界的に収束の兆しがあるのでしょうか。コロナ危機が収束したとしても、これまでのコロナ禍以前に戻ることは不可能な、厳しい気候変動や環境破壊の現実があります。コロナ以降の社会にどのような展望があるのかも含めて、皆さんとともに考えたいと思います。

 

【講師について】

  • 略歴

日本内科学会認定内科専門医。日本緩和医療学会認定医。
1984年信州大学医学部卒業。
佼正病院、都立駒込病院化学療法科、自治医科大学血液科勤務を経て、
1989年、インドのGujarat Ayurveda Universityに留学。
1990年、米国のCalvary Hospitalで研修。
1991年から 亀田総合病院血液内科に勤務。
1995年、有床診療所 「花の谷クリニック」 を開設。
2013年9月に「スープのよろずや『花』」を開店。

 

  • 主な著書

『しっかりしてよ!介護保険』2000年3月 草思社

『生きるための緩和医療』2008年7月 医学書院

 

日時:2021年8月28日(土) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)

方法:Zoomによるオンライン講演会です。

参加費: 1,000円 (入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレス又はQRコードから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。  https://begleiten210828.peatix.com/

 

ZoomのURL:

お支払い確認後、8月28日(土)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご

連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

主催 : ベグライテン

https://begleiten.org

https://www.facebook.com/begleiten2

https://twitter.com/Begleiten2001

 

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

1 2 3 4 16