11月例会「社会的処方」と「ケアしケアされる人間」

posted in: 例会 | 0
「社会的処方」と「ケアしケアされる人間」

 

対談   島薗 進 さん  :  西 智弘 さん

 

日時:11月28日(土) 14:00~17:00

 

(13:00から入室できます)

 

場所:Zoomミーティングとして行います。

 

 医療の役目は病気を治すことだけではない。治らない病気もあり、病気とともに生きていくのを助けるのも大事な役割だ。死を迎える人と家族を支援することも必要だ。
 大きな組織の経済的利益とそのための効率化をひたすら追求する現在の社会の動きのなかで、孤立する人々が増えている。高齢者や障害者、母子家庭、貧困者が取り残されて死んでいく傾向は、「無縁社会」という言葉が取り上げられた2010年にはすでに目立っていたが、その後、ますます強まっている。
 コロナ禍では、その深刻さが露わになった。ここで問われているのは「ケアしケアされる存在」としての人間のあり方だ。死別による孤独と向き合うグリーフケアが注目される所以でもある。政府も「地域包括ケア」を唱え、住民の互助・共助に期待を寄せている。がん医療の側面からは「社会的処方」という考え方が提案されている。この対談では、こうした動きに向き合いながら、どのようなケアのあり方、関わりのあり方が望まれるのか、参加者とともに考えていきたい。

 

 島薗進(しまぞの すすむ)
上智大学大学院実践宗教学研究科委員長、同グリーフケア研究所所長。東京大学名誉教授
(略歴)1948年東京生まれ。東京大学卒。筑波大学哲学思想学系研究員、東京外国語大学助手・助教授、東京大学大学院人文社会系研究科宗教学宗教史学専攻教授を経て現職。
専門は近代日本宗教史、宗教理論、死生学。
(著書)『宗教学の名著30』(2008年)、『国家神道と日本人』(2010年)、『日本人の死生観を読む』(2012年)、『ともに悲嘆を生きる』(2019年)、『日本仏教の社会倫理』(2013年)。『宗教ってなんだろ
う?』(2017年)、『明治大帝の誕生』(春秋社、2019年)、『新宗教を問う』(2020年)など。
 西 智弘(にし ともひろ)
川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター 腫瘍内科/緩和ケア内科 医長、一般社団法人プラスケア代表理事、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医。
(略歴)  2005年北海道大学卒。室蘭日鋼記念病院で家庭医療を中心に初期研修後、2007年から川崎市立井田病院で総合内科/緩和ケアを研修。その後2009年から栃木県立がんセンターにて腫瘍内科を研修。2012年から現職。現在は抗がん剤治療を中心に、緩和ケアチームや在宅診療にも関わる。また一方で、一般社団法人プラスケアを2017年に立ち上げ代表理事に就任。「暮らしの保健室」「社会的処方研究所」の運営を中心に、地域での活動に取り組む。
(著書)『だから、もう眠らせてほしい』(晶文社)2020/7、『社会的処方』(学芸出版社)2020/2
参加費:1,000円 
申込み・支払方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)
ZoomのURL:お支払い確認後、11月28日(土)12:30~13:00に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。
主催 : ベグライテン   http://begleiten.org/
                                        https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

日本学術会議『任命拒否』は何が問題なのか?

posted in: オンライン, セミナー | 0
  ベグライテン憲法カフェ@四谷
           日本学術会議『任命拒否』は何が問題なのか?
菅首相による「日本学術会議の会員任命拒否」は学問の自由や憲法を踏みにじる重大な問題です。
多くの学術研究・法律関連団体の反対声明が広がり、国会でも厳しく批判されるなか、菅首相は任命拒否の理由を明らかにしないどころか、「バランス、多様性」を理由にしたり「会議が閉鎖的で既得権のよう」だと批判したりするなど開き直りの姿勢をとっています。
学問への政府の介入が戦争への道を開いた歴史をふまえながら、この問題について各論点について皆さんとご一緒に考えていきましょう。
(もともと初心者向けの話し合い型の勉強会です。ご家族、友人を誘ってご参加ください。みなさまのSNS、MLなどで、宣伝してくださるようにお願いします。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ベグライテン「憲法カフェ」@四谷 (第3期 第20回)
日 時:2020年11月16日(木) 20:00—22:00
                  (19:30から入室できます。)
場 所:Zoomによるオンライン・ミーティングで行います。
提題者:岸 松江 弁護士 (東京法律事務所)
司 会:関根 和彦(ベグライテン世話人)
参加費:   1人1,000円
お申込み・お支払い方法:
次のQRコード又はpeatixアドレスから申込み
各自が選択された方法で事前にお支払い下さい。
(※入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

ベグライテン 緊急セミナー               日本学術会議会員任命拒否問題を考える

posted in: オンライン, セミナー | 0
ベグライテン 緊急セミナー
             アカデミーと政治
       日本学術会議会員任命拒否問題を考える
講師 : 大橋 容一郎 先生 (上智大学教授・放送大学客員教授)
日 時:11月8日(日)14:00~16:30(13:00から入室できます。)
方 法:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。
日本学術会議会員候補者について、内閣総理大臣が憲法15条に基づいてその任命を拒否したことが大きな社会的問題となっています。ここには、一般に思われる以上に多種多様な問題が含まれていますが、科学と政治経済社会との関係を考えるよい機会です。第二次世界大戦前の過ちを繰り返さないためにも、問題の所在をきちんと把握することが重要でしょう。
①アカデミーとは何か、日本学術会議というアカデミーの性格
②日本学術会議の歴史とこれまでの政治の対応
③日本学術会議の会員・連携会員について
④「日本学術会議法」における科学と政治の関係
⑤ビッグサイエンス時代での科学的正当性の意味
⑥日本学術会議から政府へのこれまでの提言
⑦今回の会員任命拒否問題について
講師略歴
          1952年2月東京都生まれ。上智大学大学院哲学研究科から同
    大学助手・講師・准教授。2000年から上智大学文学部教授。
    ミュンヘン哲学単科大学客員研究員、上智大学哲学科長、
    文学部長等をへて現在に至る。元上智大学グリーフケア研究
    所副所長。
    この間、東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学等で講師。
    2019年4月から放送大学客員教授。日本カント協会会長。
業績 『カント全集』(岩波書店)、『フィヒテ全集』(晢書房)、『広辞苑第
    7版』(岩波書店)、 『世界人名大辞典』(岩波書店)、 『哲学思
    想事典』(岩波書店)、『哲学の歴史』(中央公論新社)など多
    数の全集・辞書を監修。カント哲学・近世現代哲学・ケアと身
    体の哲学・近代日本思想などに関する学術論文多数。
参加費:一人 1,000円

ZoomのURL:お支払い確認後、11月8日12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。
         お申込み時にお知らせください。
主催 : ベグライテン  http://begleiten.org/
          https://www.facebook.com/begleiten2
          https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ・連絡先:関根和彦
  090-9146-6667    k_sekine@f7.dion.ne.jp

新型コロナ対応の中で現場ヘルパーが学んでいること

posted in: 未分類 | 0
ベグライテン ケアセミナー 10月例会
新型コロナ対応の中で現場ヘルパーが学んでいること
~国連・高齢者人権条約制定30年を振り返って~
講師 : 藤原 るか さん (介護福祉士)
日 時:10月31日(土)13:30~15:30 (12:30から入室できます。)
方 法:Zoomによるオンライン・セミナーです
私は「MRSA」という感染症対応で人員補充の募集を知り、公務員ヘルパーに応募したことからヘルパーになり30年になりました。
それからの日常はC型肝炎やノロウイルス等の感染症対応が常時必要な現場を続けています。この度の新型コロナ・ウイルスは、地球規模の「災害」という様相を示しています。日本でも9か月が経とうとしていて、感染症との闘いが続いています。
この間、基礎疾患(高血圧や糖尿病・呼吸器疾患等)がコロナの標的になりやすいという事から、高齢者に緊張が集中しています。施設では面会を中止した状態で対応しており、家族と自由に会えない日々が続いています。
今回は、この間のケアの現場(特に在宅)の取り組みと状況をお伝えしたいと思います。災害や緊急時には社会や国のありようが浮き彫りになりますが、この間起こった様々なケアにまつわる事件や介護保険20年の「人権保障」の現状をご一緒に考えて行けたらと思っています。
講師略歴 :1955年生まれ。1990年に公務員ヘルパーとなる。介護保険スタート時より民間ヘルパーステーションに移り現在に至る。介護福祉士・1級ホームヘルパー。 「共に介護を学びあい・励まし合いネットワーク」主宰。
2011年99歳のおばあちゃんを連れて厚生労働省を訪問。生活援助を介護保険から外そうと目論む厚生省に対し、「それでは高齢者のQOLを保てず、ヘルパー労働条件の悪化につながる」と抗議した。
在宅ヘルパーの労働条件、介護環境の適正化を求めた公の場での発言も多い。
1日500円を貯めて「世界のヘルパーさんと出会う旅」等を企画している。
著書: 『介護ヘルパーは見た』『介護ヘルパーはデリヘルじゃない』幻冬舎、『ホームヘルパーを知っていますか』萌文社(共著)、『介護における自立援助』クリエイツかもがわ出版(共著)など。
参加費: 1人1,000円
お申込み・お支払い方法: 次のpeatixアドレス、QRコードから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払い下さい。

 ベグライテン憲法カフェ@四谷  イノベーションを起こす政策はあるか?

posted in: オンライン, セミナー | 0

ベグライテン憲法カフェ@四谷(第3期 第19回)

イノベーションを起こす政策はあるか?

 

提題者:伊藤 理 さん(経済アナリスト)
日時:2010年10月22日(木) 20:00~22:00
                (19:30から入室できます。)
方法:Zoomミーティング として行います。
安倍さんが退陣し、安倍内閣の下で長年、官房長官だった菅さんが新たな首相になりました。
菅さんは小泉政権の時に総務大臣だった竹中平蔵氏に見い出され、竹中氏が小泉首相(当時)に
紹介した人物だと聞いています。そうした流れからか、菅首相は規制改革を前面に掲げていますが、
またもや竹中氏の登場かと思うと、嫌な感じがします。規制改革の目的は、イノベーションを起こし、
日本経済を成長軌道に乗せる事を謳い文句にしていますが、そんな事が可能なのでしょうか?
そこで、今回は、この問題について考えてみたいと思います。
(もともと初心者向けの勉強会です。ご家族、友人を誘ってご参加ください。SNS、MLなどで、宣伝してくださるようにお願いします。)
参加費: 1人1,000円
お申込み・お支払い方法:
次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
      * 入金後のキャンセルは、ご容赦ください。
◎ZoomのURL: お支払い確認後、10月22日19:00~19:30に
 ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
◎Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えしま
 す。お申込み時にお知らせください。
主催 : ベグライテン
       http://begleiten.org/  
問合せ・連絡先: 関根和彦 090-9146-6667
                          k_sekine@f7.dion.ne.jp

新たな感染症の時代と現代文明の見直し

posted in: オンライン, 例会 | 0

10月例会

新たな感染症の時代と現代文明の見直し

 

講師:島薗 進 さん

    (上智大学グリーフケア研究所所長、東京大学名誉教授)

日時:10月25日(日) 14:00~16:30

場所:Zoomによるオンライン講演会です。
新型コロナウイルス感染症の流行によって、多くの人々のいのちが失われるとともに、さらに多くの人々の生活が脅かされ、希望を見失わざるをえないような事態に追い込まれた。科学の進歩の神話も崩れ、政府と専門家の対応の頼りなさがあらわになった。そして、格差や差別の無慈悲な世界が露呈することにもなり、現在の経済社会体制の欠陥も見やすくなった側面もある。
こうしたなかから、現代文明の抱える問題を見直す動きも広まりつつある。この講演では、新型コロナウイルス感染症によって照らし出された現代文明のあり方を見すえつつ、新たな生き方をうかがわせるような動向について見ていきたい。
講師 略歴
 1948年東京生まれ。東京大学卒。筑波大学哲学思想学系研究員、東京外国語大学助手・助教授を経て、東京大学大学院人文社会系研究科宗教学宗教史学専攻教授。専門は近代日本宗教史、宗教理論、死生学。現職は、上智大学大学院実践宗教学研究科教授、同グリーフケア研究所所長。
主な 著書
 『ともに悲嘆を生きる』、『宗教ってなんだろう?』、『いのちを”つくって”もいいですか?』『国家神道と日本人』、『宗教学の名著30』、『日本仏教の社会倫理』ほか多数。
参加費: 1,000円
申込み方法:
次のpeatixアドレス・QRコードから申込み、
各自が選択された方法で事前にお支払いください。
(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

☆本日!ベグライテン セミナー アメリカ大統領選挙の見方

posted in: オンライン, 未分類 | 0

もうすぐアメリカの大統領選挙です。

しかし、最近の報道では大統領選挙への理解不足と 説明不足が目立ちます。

そこで、大統領選挙の仕組みを正しく理解し、今回の結果を正しく 評価することが

できるようにコロナで「異常」となった選挙戦を見直し、最終段階をより大 きな関心と

興味を持ってみつめていけるようにしたいと思っております。

また選挙後の日 米関係も考察したいと思います。

講 師: 土田 宏 さん(アメリカ政治研究家)
略 歴 1972 年 Fordham 大学卒、74 年 New School for Social Research 修了、上智短期大学助 教授を経て、城西国際大学教授を 2018 年定年退職。この間、上智大学、聖心女子大学、 敬愛大学、国立看護大学校でも教鞭を取る。
著 書 『ケネディ』(中公文庫)、『アメリカ1968』(中央公論社)、『アメリカ50年』『「発想の転 換」の政治』(彩流社)など

 

 

日 時:2020年10月17日(土) 14:30~17:00

(13:30から入室できます。)

方 法:Zoomによるオンラインセミナーです

https://begleiten201017.peatix.com/ (※入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

 

★ZOOM の URL はお支払い確認後、10 月 17 日(土)12:30~13:30 に URL/ID/パスワ
ードなどを個別にご連絡いたします。
※Zoom を利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。
お申込み時にお知らせください。

 

 

 

 

主催 : ベグライテン

HP                                http://begleiten.org/

FB    https://www.facebook.com/begleiten2

Twitter      https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ・連絡先:
関根和彦
090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

 

 

ポストコロナ時代の民主主義-我々は人類史的試練に耐えることができるのか

posted in: オンライン, 例会 | 0

9月例会
ポストコロナ時代の民主主義

講師:山口 二郎 さん(法政大学教授)

【講師から一言】
 新型コロナウィルスは20世紀以来の、とりわけ1990年代以来の、大量生産、利益追求の文明の再考を我々に迫っている。人間の生命という最も重要な価値を尊重するような経済システムを作るべきだという声は、世界中に広まっている。しかし、日本やいくつかの国ではこの病気が差別やいじめを生んでいる。また、アメリカでは生命と生活の困難を強いられているアフリカ系の人々による権利と尊厳を求める運動が広がり、社会の亀裂を見せつけている。
この危機を独裁への転落の契機にしてはならない。自由と民主主義によって、人間を尊重する経済と社会をいかに回復するか。一人一人の市民が考え、発言することから始めるしかない。そのための視座を提供することができればと思い、今悩んでいることについて話したい。

≪講師経歴≫
  1958年生まれ、東京大学法学部卒、北海道大学教授を経て現職
≪主な著作≫
『民主主義は終わるのか』(2019年10月 岩波新書)、『日本のオルタナティブ』(2020年3月 共著岩波書店)

 

【お申し込み】

日時:9月20日(日) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)
場所:Zoomによるオンライン講演会です。
参加費: 1,000円
申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。

https://begleiten200920.peatix.com/

こちらのページからお申し込みと、参加費用をお支払いください。

 

ZoomのURL:お支払い確認後、
9月20日(日)12:00~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

Peatixでの申し込みについて,やり方が分からないという声をいただきました。

詳しい申し込み・お支払い方法を載せましたので,こちらをご覧ください。

Peatixから申込み支払う方法

 

主催 : ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

【zoom講演】8月30日(日) 公共哲学セミナー 思想家と歴史に学ぶ公共性の哲学 第3回

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン 公共哲学セミナー

思想家と歴史に学ぶ公共性の哲学 第3回

「現代のグローバリゼーションは公共性をどう変えたか」

講師 : 大橋 容一郎 先生 (上智大学教授・放送大学客員教授)

公共性はつねに近代哲学思想の中核をなす問題だった。さまざまな歴史的現実のなかで、公共性はあるときには人格の尊厳、またあるときには市民の権利、国家や民族の同一性などとして扱われ、その意味するところはけっして一つではない。
時代の変化のスピードが加速している現代社会だが、その変転に振り回されることなく、歴史と思想家たちが語ってきたことをふり返り、日本と世界におけるわれわれの公共性がこれから向かうべき途について、ともにじっくりと考えてみたい。

【講師略歴】
1952年2月東京都生まれ。上智大学大学院哲学研究科から同大学助手・講師・准教授。2000年から上智大学文学部教授。
ミュンヘン哲学単科大学客員研究員、上智大学哲学科長、文学部長等をへて現在に至る。元上智大学グリーフケア研究所副所長。
この間、東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学等で講師。2019年4月から放送大学客員教授。日本カント協会会長。

【業績】
『カント全集』(岩波書店)、『フィヒテ全集』(晢書房)、『広辞苑第7版』(岩波書店)、『世界人名大辞典』(岩波書店)、『哲学思想事典』(岩波書店)、『哲学の歴史』(中央公論新社)など多数の全集・辞書を監修。
カント哲学・近世現代哲学・ケアと身体の哲学・近代日本思想などに関する学術論文多数。
最近の記事 岩波書店『思想』で近代日本哲学思想について連載中。
理想社『理想』で20世紀初頭のドイツ哲学監修。

【セミナー概要】「思想家と歴史に学ぶ公共性の哲学」

第1回 「天皇の人間宣言と文化主義に見る反戦平和の思想」
:かつて日本人が意図した平和の思想はなぜ挫折しているのか(終了)
第2回 「カントに見る平和と友好性の思想」
:戦争とは何か、平和に必要な公共性とはどんなものなのか(終了)
第3回 「グローバリゼーションにおける公共性の問題」
:現代のグローバリゼーションは公共性をどう変えたか(今回)
第4回 「新旧教育基本法における公共の福祉と公益の原理」
:個人の人格の尊厳は公共的にはどう実現されるべきか
第5回 「アーレントとハーバーマスに見る公共的市民の原理」
:公共的市民の立場とはどんなものか

【日時・場所・参加費・申し込み】
日 時:8月30日(日)14:00~16:30(13:30から入室できます。)
場 所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。
参加費:一人 1,000円

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
https://begleiten200830.peatix.com/
(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

ZoomのURL:お支払い確認後、8月30日12:00~13:00にZoomのURL、パスワードなどを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

【主催】ベグライテン

https://www.facebook.com/begleiten2

【問合せ・連絡先】関根和彦
TEL:090-9146-6667
Mail:k_sekine@f7.dion.ne.jp

チラシ:200830公共哲学セミナー第3回.pdf

コロナ禍のいま 緩和医療はどこに向かおうとしているのか?

posted in: オンライン, 例会 | 0

花の谷クリニックにおける  緩和ケアの歩み

      ベグライテン オンラインセミナー

講師 伊藤真美先生(花の谷クリニック院長)

【講師から一言】
 1980 年代に医師になり、35 年が過ぎようとしている。
それは、日本でホスピスがはじまり、緩和医療という分野が確立されてきた時代でもあり、
また新自由主義経済政策が世界的な潮流となった時期と重なっている。自己責任を基本に、
個人の自由や市場原理を重んじ、小さな政府を推進する新自由主義のもと、医療・介護・福祉の
公共サービスは縮小されてきた。
 そして今、新型コロナ感染拡大のなか、医療現場がひっ迫し、いのちの選別の問題が浮かび
上がってきている。当院での緩和医療の変遷を報告させていただき、いのちが軽んじられることのない
医療のあり方を、みなさまと共に考えたいと思う。

≪講師経歴≫
 日本内科学会認定内科専門医。
日本緩和医療学会認定医。
1984年信州大学医学部卒業。
佼正病院、都立駒込病院化学療法科、自治医科大学血液科勤務を経て、
1989年、インドの GujaratAyurveda Universityに留学。
1990年、米国の Calvary Hospitalで研修。
1991年から 亀田総合病院血液内科に勤務。
1995年、有床診療所 「花の谷クリニック」 を開設。
2013年 9月に「スープのよろずや『花』」を開店。

≪主な著作≫
『しっかりしてよ!介護保険』2000年 3月 草思社
『生きるための緩和医療』 2008年 7月 医学書院

【お申し込み方法】
日時:8月8日(土) 14:00~16:30 (開場 13:40)
参加費: 一人 1,000円
場所:ご自宅で!!
申込み方法:氏名(ふりがな)、〒、住所、携帯番号、メールアドレスを記入し、次のpeatixから、お申込み、お支払いください。

こちらのページからお申し込みと、参加費用をお支払いください。

お支払い確認後、8 月 7 日までに Zoom の URL、パスワードなどを、
個別にご連絡します。
入金後のキャンセルは、ご容赦ください。
尚、Zoom を利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。
お申し込み時にお知らせください。

【主 催】ベグライテン https://www.facebook.com/begleiten2

【問合せ先】携帯TEL 090-9146-6667・メール k_sekine@f7.dion.ne.jp(関根まで)

1 2 3 4 17