◆案内◆9月28日(土) 例会「ケアに当たる人に求められる人間力」

posted in: 例会 | 0

「ケアに当たる人に求められる人間力」

 

チラシ → 9月例会チラシ

【講師】高木 慶子さん(上智大学グリーフケア研究所 特任所長)

【略 歴】熊本市生まれ。高木仙右衛門の曾孫。聖心女子大学文学部心理学科卒業、上智大学神学部大学院修士課程修了。2004年「高木仙右衛門に関する研究 「覚書」の分析を中心にして」で博士(宗教文化)。上智大学グリーフケア研究所特任所長。「生と死を考える会全国協議会」会長。「兵庫・生と死を考える会」会長。

【近 著】『大切な人をなくすということ』(PHP研究所) 2011、『悲しみは、きっと乗り越えられる グリーフケアの第一人者が贈る”小さな希望”の見つけ方』(大和出版) 2012、『〈悲嘆〉と向き合い、ケアする社会をめざして JR西日本福知山線事故遺族の手記とグリーフケア』(上智大学グリーフケア研究所) 柳田邦男共編著(平凡社) 2013、『それでも人は生かされている 悲しみを乗り越えて勇気が生まれるとき』(PHP研究所) 2014、『それでも誰かが支えてくれる 心が晴れる愛と癒やしの言葉』(大和書房) 2015

◆講師からからのメッセージ◆
ケアに当たる人が持つべきこころは、まず、他の方々への尊敬と信頼、そして思いやりのこころではないかと考えております。その為に必要な力を全人的力と私は考えております。この点につきご一緒に考えてみたいと願っております。

【日時】9月28日(土)14:00~16:30

【会場】上智大学 2号館 4F 408教室

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1  JR/地下鉄 四ツ谷駅麹町口・赤坂口から徒歩5分

https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

 

【参加費】1,000円(学生/障害・生保証のある方は、500円)

終了後、講師を囲んで、懇親会を予定しています。

(懇親会は、各自が飲食した分を、お支払いいただく方式です。)

 

【主 催】・ケアと公共を学ぶ上智教職員の会

・ベグライテン  FB: https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/

【問合せ】ベグライテン    関根 090-9146-6667