◆案内◆1月19日(土)14:00~連続講座『公共哲学入門~より良き公正な社会のために~ 』 第3回

posted in: 例会 | 0

権力と正義~その正当性と内実を吟味する~

 

講師 : 山脇 直司 さん(星槎大学副学長)

略  歴 1949年 青森生まれ。一橋大学経済学部、上智大学大学院哲学研究科を経て、
1982年ミュンヘン大学哲学博士。1988年4月から東京大学教養学部准教授、1993年4月から
2013年3月まで同教授、大学院総合文化研究科教授。
2013年4月以降、通信制の星槎大学・大学院教授、現在、同副学長、東京大学名誉教授

単  著 『公共哲学とは何か』(ちくま新書、2004年)、『グローカル公共哲学』
(東京大学出版会、2008年)、『社会とどうかかわるか』(岩波書店、2008年)、
『社会思想史を学ぶ』(ちくま新書、2009年)、
『公共哲学からの応答:3.11の衝撃を受けて』(筑摩選書、2011年)

編  著 『科学・技術と社会倫理』(東大出版会、2015年)、
『教養教育と統合知』(同、2018年)など。

 

【講師よりひとこと】
公共哲学は、「より良き公正な社会を追究しつつ、現下で起こっている公共的問題(public issues)を
市民(the public)と共に論考する実践的哲学」(私の定義)と定義することができます。
そういう意味での公共哲学にはさまざまな潮流がありますが、私は特に、人権、立憲主義、
民主主義を重んじるスタンスを採ります。

第3回目は、そのスタンスから、「権力と正義」について、権力の正統性
(広く人々に承認された権威)と正義の内実を吟味する立場からお話しし、それをふまえて
皆さまと公共的対話・質疑応答を行いたいと思います。
  (配布資料あり)

 

第1回・第2回および第4回のテーマは以下のとおりです:

第1回 立憲主義と人権~その歴史と現状を皆様と共に考える~(終了)
第2回 メディアと民主主義~世論調査か世論形成か(終了)      第4回 共生社会の実現のために~ケアと公共を繋ぐ

 

日 時 : 1月19日(土) 14:00~16:30

場 所 : 上智大学 2号館 4F 409教室

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
(JR中央線・東京メトロ丸の内線・南北線 四ツ谷駅麹町口・赤坂口から 徒歩4分)

http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

参加費: 1,000円(学生、障害者・生保者は、500円)
(終了後、講師を囲んで懇親会を予定しています。各自が飲食した分を、お支払いいただきます。)

 どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。

主 催  ベグライテン https://www.facebook.com/begleiten2″ 関根 090-9146-6667

連絡先 ミシュカの森 https://www.facebook.com/mforest  入江 ANA71805@nifty.com

共 催 ケアと公共を学ぶ会

チラシ → 連続講座「公共哲学入門第3回」(山脇)