◆案内◆7月7日(土)14:00~公共哲学を学ぶ会”平和主義は維持されるのか?”

posted in: 例会 | 0
南北首脳会談に続き、米朝首脳会談が成功し、朝鮮半島と北東アジアに平和への希望が膨らんでいま
す。モリカケ疑惑、自衛隊日報問題などで国会を欺き、追いつめられた安倍政権は、人気回復のため
保育費軽減、高等教育無償化に向けて取り組み初めている…そんなところから、憲法改正は遠のいた
というような雰囲気が漂っていませんか?
否いな、安倍首相は、国民の関心は長続きしないと、総裁3選と憲法改正の機会をじっと待っている
のです。私たちは、ここで、自民党の憲法改正案をもう一度、学び直しておきましょう。

友人知人を誘って、ご参加ください。
転送・転載・拡散 よろしくお願いします。
(添付のファイルや、ベグライテンのHP、FBを利用してください。)

公共哲学を学ぶ会 7月例会のご案内

 

平和主義は維持されるのか?

~護憲的改憲論などにも触れながら~

講師:青井 未帆 さん

(学習院大学大学院 法務研究科教授)

 

日時:7月7日(土)14:00~16:30

 

場所:上智大学 6号館 3F 304教室

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

(JR中央線/東京メトロ丸の内線・南北線 四ツ谷駅 麹町口・赤坂口から 徒歩5分) https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

 

 

公文書改ざん問題や国会での虚偽答弁によって、わたし達の多くは日本の政治がここまでうまく働い ていないのかと驚かされました。無力感に苛まれた方も多いのではないでしょうか。そういうなかで 、「1ミリも変わりません」と説明され、憲法9条改憲が論じられています。改憲が先行き不透明であ るとしても、すでに日本社会はだいぶ変わってきています。この変化の時代に、平和主義について考 えてみたいと思います。

 

講師略歴:東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得満期退学。信州大学准教授、成城大学 准教授などを経て2011年より現職。

 

主な著書:『憲法と政治』(岩波新書)、『憲法を守るのは誰か』(幻冬者ルネッサンス新書)、『 国家安全保障基本法批判』(岩波ブックレット)など

 

参加費:1,000円 (学生/障害・生保証のある方は、500円)

☆どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。

☆終了後懇親会を予定しています。(各自が飲食した分をお支払いいただきます。)

 

主 催

ベグライテン FB https://www.facebook.com/begleiten2/

ミシュカの森 FB https://www.facebook.com/mforest

共催: ケアと公共を学ぶ会 問合せ:090-9146-6667(関根) ・ ANA71805@nifty.com(入江)

 

チラシ → 7月例会チラシ