5/8(日) 5月例会「ウクライナ問題」

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン5月例会

ウクライナ問題

 

講師:孫崎享さん(元外務省国際情報局長)

日時:5月8日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

いま日本ではウクライナ問題につき、ロシアに対し「一億総糾弾」「一億総制裁」の雰囲気である。
そもそも何故ロシアの侵攻があったのであろうか。
ロシアは何を要求しているのであろうか。
その要求は国際的にみて合理性を持っているのか、持っていないのか。

そして今、ウクライナ問題で何より求められるのは、早期に停戦し、数百万と言われるウクライナ人が帰国し、ウクライナに残った人々も戦争に巻き込まれることをなくし、早期に平常な生活に戻れることなのではないのか。

それを実現するために如何なる条件があるだろうか。
又、早期の妥結が遠のいているような状況であるが、それは何故か。

 

講師略歴:駐イラン大使、防衛大学校人文社会学郡長

主な著書:『戦後史の正体』、『アメリカは中国に負ける』、『日本国の正体』

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220508.peatix.com/

コンビニからのお申込み・お支払いは5月7日まで、クレジットカードを使用してのお申込み・お支払いは、5月8日12:00までです。

ZoomのURL:お申込み確認後、5月8(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FaceBook:https://www.facebook.com/begleiten2
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/28(木)憲法カフェ ウクライナ問題へのもう一つの選択肢

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷(第3期第37回)

ウクライナ問題へのもう一つの選択肢

 

提題者:
岸 松江 弁護士(東京法律事務所)
森田 俊隆さん(キリスト教会信徒伝道師)

日時:2022年4月28日(木)20:00~22:00(19:45から入室できます。)

方法:Zoomによるオンラインミーティングとして行います。

 

中国が停戦仲介に乗り出すのではないか、との期待がありましたが、中国は動かず。NATO加盟国トルコが仲介に乗り出し、希望が見えたかに思われたが、ウクライナ東部での戦況のため、交渉中断状況。「いつまで続くの?」この戦争。「両者が疲れるまで待つしかないの? それまでにどれだけの国民が犠牲になるの?」。想像するだけで苦しくなる。

どうも「ロシアの侵略戦争と戦っているウクライナをみんなで支援しよう」では済まされなくなっているようだ。武士同士が山地・野原で戦った「関ヶ原の戦い」、ベルギーの平野での「ワーテルローの戦い」、ダビデ/ゴリアテ代表選手による「イスラエル・ペリシテ戦争」が、懐かしい。両方の軍隊が人のいないどこか大きな原っぱで決着つけてほしい。

(今回は、宗教者の立場から発信しておられる森田俊隆さんと前回の提題者岸松江さんのお二人のお話を伺い、みんなで話し合います。ご家族、友人を誘ってご参加ください。SNS・MLなどで、宣伝してくださるようにお願いします。)

 

参加費:1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
https://begleiten220428.peatix.com/

(コンビニ経由でのお申込み・お支払いは27日まで、クレジットカードでのお申込み・お支払いは28日19:00までです。)

ZoomのURL:お支払い確認後、4月28日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

 

 

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FB:https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ先:関根 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/17(日) 原発事故から11年 福島の今は

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン4月例会

 

原発事故から11年 福島の今は

 

講師:武藤類子さん(福島原発告訴団団長)

日時:4月17日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

 

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

原発事故から11年の月日が経つが、未だ「原子力緊急事態宣言」は解除されず、事故は続いている。

しかし、「復興」という言葉が大きくクローズアップされ、被災地に莫大な復興予算を投じた、福島県には今までなかった最先端技術を開発する研究所や、企業が次々と進出し、県外からの移住政策が推進され、「事故は終わった、前へ進んで行こう」という空気が醸成されている。

その陰で、ALPS処理汚染水の海洋放出、汚染土を「再生資材」と名を変えての再利用、小児甲状腺がんの多発、子どもたちへの放射線教育の後退、原発サイト内での被ばく労働など深刻な問題は不可視化されている。「故郷を元に戻してほしい」という原発事故の被害者が望んだ復興とは、大きく乖離していると感じる。

原発は一度事故を起こしてしまったら、被害が長く続くだけではなく、多岐に広がる。ロシアのウクライナの原発への攻撃で、原発は核兵器にもなり得るという事を多くの人が認識したと思う。地球はあらゆる生命の住処。今、人類の一人一人が本気で原発について考える必要がある。

 

講師略歴:
1953年福島県生まれ。福島県三春町在住。版下職人、養護学校教員を経て、2003年に里山喫茶「燦(きらら)」を開店。チェルノブイリ原発事故を機に反原発運動にかかわる。福島原発事故後は、東電旧経営陣の刑事責任を問う活動の他、原発事故被害者団体連絡会代、3・11甲状腺がん子ども基金副代表理事を担う。

主な著書:
「福島からあなたへ」「10年後の福島からあなたへ」(大月書店)、「どんぐりの森から」(緑風出版)

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。
https://begleiten220417.peatix.com/

ZoomのURL:お申込み確認後、4月17日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

4/3(日) 依存と共存〜ケアとアディクション〜

posted in: オンライン, セミナー | 0

ベグライテン 連続講義・ケアの哲学入門 2022〜23(第2回)

 

依存と共存〜ケアとアディクション〜

講師:﨑川修さん(ノートルダム清心女子大学教授)

日時:4月3日(日)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

 

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

ケアを学ぶことは、決していわゆる「ケアワーカー」の専門的な知識や技術を身につけることではありません。ケアは私たちが人間として生きていくために与えられた可能性であり、時代を超えて引き継がれてきた「文化」です。高度な科学文明のもとで複雑に絡み、悩み多き現代の日常を生き抜いていくために、今や私たちの誰もが「ケア」の視点を備え、人と世界のあり方を見つめなおしていく必要があるように思われます。

今回はいわゆる「アディクション(依存症)」をひとつの事例として、人間関係の生成における「愛着」と「依存」の問題を、ケアの視点から考えます。支配や束縛ではなく、適切な距離で寄り添う「共存」のかたちをご一緒に探りましょう。

 

(今後の予定)

第1回ケアを学ぶ〜生きるための哲学(終了)
第3回家族とケアの風景〜物語から身体へ
第4回感覚から世界を編み直す〜アートとケアの未来

 

講師略歴:

1971年東京生まれ上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期退学

2009年上智大学文学部哲学科常勤嘱託講師(キリスト教人間学担当)

2013年ノートルダム清心女子大学人間生活学部に着任(現在に至る)

専門は現代哲学、人間学、キリスト教倫理。

 

主な著書:

『他者と沈黙〜ウィトゲンシュタインからケアの哲学へ』(晃洋書房)

『教養としての応用倫理学』(共著・丸善出版)、『ケアを生きる私たち』(共著・大学教育出版)など。

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

 

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
https://begleiten220403.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、4月3日12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦 090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/26(日) ウクライナ情勢が我々に問いかけるもの

posted in: オンライン, 例会 | 0

ベグライテン3月例会

 

ウクライナ情勢が我々に問いかけるもの

 

講師:柳沢協二さん(元内閣官房副長官補・防衛研究所長)

 

 

日時:3月26日(土)14:00〜16:30(13:00から入室できます。)

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひとこと

ロシアがウクライナに侵攻しました。毎日のように流される映像は、戦争の悲惨さ・無益さを伝えています。私は、満身の怒りをもって非難するとともに、国際世論が大国の横暴を止めるべき時代が来たことを痛感しています。そうでなければ、ウクライナの悲劇はくり返されると思うからです。

 

講師略歴:
東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し運用局長、防衛研究所長などをへて、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。現在、国際地政学研究所理事長、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会代表。

主な著書:
・『官邸のイラク戦争』(2013岩波書店)
・『亡国の安保政策―安倍政権と「積極的平和主義」の罠』(2014年4月25日、岩波書店)
・『自分で考える集団的自衛権――若者と国家』(2014年10月17日、青灯社)
・『亡国の集団的自衛権』(2015年2月17日、集英社新書)
・『憲法カフェで語ろう・9条・自衛隊・加憲』(2018かもがわ出版)

 

参加費:無料(ウクライナ支援にお回しください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスからお申し込みください。無料なので簡単です!
https://begleiten220326.peatix.com/

ZoomのURL:お申込み確認後、3月26日(土)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:関根和彦
090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/24(木) 憲法カフェ「敵基地攻撃で日本の平和は守れるの?」

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン憲法カフェ@四谷(第3期第36回)

 

敵基地攻撃で日本の平和は守れるの?

-ウクライナ戦争から考える日本の安全保障-

 

提題者:岸 松江 弁護士(東京法律事務所)

日時:2022年3月24日(木)20:00~22:00(19:45から入室できます。)

方法:Zoomによるオンラインミーティングとして行います。

国連憲章に違反する違法なロシアのウクライナ侵略は絶対に許せません。ロシア国内を含む世界中でプーチ大統領を糾弾する声が広がっています。
一方で、日本国内では、ウクライナ侵略を契機に、日米同盟の強化や核兵器共有、敵基地攻撃能力の保持をすすめる動きもあります。

平和を維持するにはどうしたらいいのか。参議院選挙を前に、みなさんとご一緒に考えたいと思います。

 

参加費:1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。
https://begleiten220324.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、3月24日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FB:https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ先:関根
090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

3/6(日) 連続講義・ケアの哲学入門 第1回

posted in: オンライン, セミナー | 0

連続講義・ケアの哲学入門 2022/23(第1回)

 

ケアを学ぶ〜生きるための哲学〜

 

講師:﨑川修さん(ノートルダム清心女子大学教授)

 

日時:3月6日(日)13:00~16:30(13:00から入室できます。)

場所:Zoomによるオンライン・ミーティングとして行います。

 

講師からのひと言

ケアを学ぶことは、決していわゆる「ケアワーカー」の専門的な知識や技術を身につけることではありません。ケアは私たちが人間として生きていくために与えられた可能性であり、時代を超えて引き継がれてきた「文化」です。高度な科学文明のもとで複雑に絡み、悩み多き現代の日常を生き抜いていくために、今や私たちの誰もが「ケア」の視点を備え、人と世界のあり方を見つめなおしていく必要があるように思われます。

2022年からのシリーズの初回となる今回は、あらためてケアの基本概念に立ち返りつつ、生きづらさを共に乗り越えていくための「哲学」を探りたいと思います。

 

(今後の予定)

第2回依存と共存〜ケアとアディクション

第3回家族とケアの風景〜物語から身体へ

第4回感覚から世界を編み直す〜アートとケアの未来

 

講師略歴:
1971年東京生まれ上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期退学
2009年上智大学文学部哲学科常勤嘱託講師(キリスト教人間学担当)
2013年ノートルダム清心女子大学人間生活学部に着任(現在に至る)
専門は現代哲学、人間学、キリスト教倫理。

 

主な著書:
『他者と沈黙〜ウィトゲンシュタインからケアの哲学へ』(晃洋書房)、
『教養としての応用倫理学』(共著・丸善出版)、
『ケアを生きる私たち』(共著・大学教育出版)など。

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、添付のチラシにあります。)
https://begleiten220306.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、3月6日12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

主催:ベグライテン
http://begleiten.org/
https://www.facebook.com/begleiten2
https://twitter.com/Begleiten2001

問合せ・連絡先:
関根和彦:090-9146-6667 k_sekine@f7.dion.ne.jp

 

2月例会  混迷を深める日本政治 市民社会と野党共闘のゆくえ

posted in: オンライン, 例会 | 0
  • 講師

中野 晃一 さん(上智大学国際教養学部教授)

 

  • 講師からのひと言
2021年10月末の衆議院選挙を受けて、日本政治は混迷を深めている。右派改憲勢力の「勝利」が喧伝され維新の会などが勢いづく一方、立憲野党の共闘の枠組みは大きく揺さぶられ、一見穏健に見える岸田首相の下、政治システム全体のさらなる右傾化が静かに用意されていると考えられる。
2012年12月衆議院選挙に始まった歯止めなき「2012年体制」はこのまま定着してしまうのか。リベラル左派連合を構築する試みとしての野党共闘は「終わった」のか。だとすると、日本の民主主義も「終わった」のか。
大きな岐路を再び迎えた今年2022年、夏に参議院選挙が予定されている。政党政治の建て直しに向けた新たな一歩が踏み出せるのか。またその前提として、2015年安保法制反対を契機として盛り上がった市民運動の刷新と再構築は可能なのか。
昨年衆議院選挙の総括を踏まえて今日の政治情勢を捉え直し、参議院選挙に向けた市民社会の取り組みについて考えるきっかけとしたい。

日時:2022年2月27日(日) 14:00~16:30 (13:00から入室できます。)

方法:Zoomによるオンライン講演会です。

 

参加費:一人 1,000円(入金後のキャンセルは、ご容赦ください。)

申込み方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。

https://begleiten220227.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、2月27日(日)12:30~13:00にZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご

連絡します。

Zoomを利用されたことのない方は、使用方法をお伝えします。お申込み時にお知らせください。

 

 主催 : ベグライテン   http://begleiten.org/

https://www.facebook.com/begleiten2

問合せ先: 関根 090-9146-6667  k_sekine@f7.dion.ne.jp

2/24(木) 憲法カフェ

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷 (第3期 第35回)

核兵器の終わりの始まり ―核兵器廃絶のために私たちができることー

 

提題者: 中村涼香さん(上智大学・総合グローバル学部生、議員ウォッチリサーチャー)
住田奈津子 さん(北海道教育大学、議員ウォッチャー)

日時:2022年2月24日(木)20:00~22:00(19:45から入室できます。)

方法:Zoomによるオンラインミーティングとして行います。

 

歴史上、初めて核兵器を違法と定めた核兵器禁止条約が発効して、先月で1年を迎えました。核兵器がもたらす非人道的な被害に焦点を当てた同条約は、それまで「必要悪」とされていた核兵器を「絶対悪」とし、力の象徴から恥の象徴へと変化していくパラダイムシフトの国際社会のうねりを作りました。

しかし、唯一の戦争被爆国である日本は条約が核抑止を禁止していることや核保有国と条約推進国の間に分断を生んでいることを理由に参加していませんが、それは正しい選択なのでしょうか。

条約を運用し、核兵器をなくすための実質的な議論を行う第1回の締約国会議を目前に控え、核兵器を無くすために日本、そして市民社会ができることはあるのでしょうか。
みなさまとご一緒に考えたいと思います。

(今回は、「議員ウォッチ」から大学生のお2人をお招きしています。「議員ウォッチ」は昨年10月の衆議員選で候補者に働きかけ、その結果、核禁条約に賛同する衆院議員は選挙後に5%アップしました。彼女達は、高校生・大学生向けに「核兵器禁止条約”模擬”締約国会議」の企画も進めています。夏の参院選を控え、彼女達と一緒に考えてみませんか。豊田)

 

参加費: 1,000円(学生500円)(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください。(QRコードは、添付のチラシにあります。) https://begleiten220224.peatix.com/

ZoomのURL:お支払い確認後、2月24日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。
Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FB:https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ先:関根
k_sekine@f7.dion.ne.jp
090-9146-6667

 

1/27(木) 憲法カフェ

posted in: オンライン, カフェ | 0

ベグライテン 憲法カフェ@四谷(第3期第34回)

日本の対米従属構造について考えましょう

 

講師:伊藤理さん(経済アナリスト)

日時:2022年1月27日(木)20:00~22:00(19:45から入室できます。)

方法:Zoomによるオンラインミーティングとして行います。

 

昨年11月の憲法カフェ@四ッ谷では「新しい資本主義について考えましょう」と云うテーマで議論しましたが、この時に参加者のTさんから「伊藤さんが作成したレポートには決定的に欠けているものが有りますね。それは日本の対米従属構造についての言及が無い事です」と云う指摘を頂きました。私(伊藤)としては、それはよく分かっていた訳ですが、それを取り上げたら、それだけでレポートが完結してしまうので、この時(昨年11月)は敢えて、その問題には焦点を当てず、言葉の端々で触れる程度に留めました。

そして、この時、私(伊藤)は「岸田首相が幾ら“新しい資本主義”などと言っても、それは所詮、美辞麗句にしか過ぎない。なので、そのうち消えて無くなるだろう」と予言しましたが、実際、既に「岸田政権は“新しい社会主義”に傾いている」と云う論説も出ています。

けれども、その一方で、Tさんから改めて指摘されてみると、やはり何処かで、日本の対米従属構造の問題を真正面から取り上げて、レポートにまとめておく必要性を感じていました。何故ならば、この問題は、自民党政権が目論んでいる憲法改正を議論する上でも、更には核兵器の廃絶を真剣に議論する上でも、日本人が知っておくべき事として避けて通れ無いからです。なので、今回は、この問題を取り上げたいと思います。

(いつもは、日本の経済や財政について話してくださっている伊藤さんが、今回はもう少し広く「日本の対米従属構造」の問題について話してくださいます。憲法カフェは、講演型ではなく、話し合い型の勉強会ですので、あなたも積極的に発言できます。)

 

参加費:一人1,000円(入金後のキャンセルはご容赦ください。)

申込み・支払い方法:このページの右側中ほどにある「チケットを申し込む」ボタン(橙色)をクリックして順に記入し、各自が選択された方法で事前にお支払いください。

ZoomのURL:お支払い確認後、1月27日(木)19:00~19:30に、ZoomのURL、ID、パスワードを、個別にご連絡します。

Zoomを使用されたことのない方には、使用方法をお伝えします。申し込み時にお申し出ください。

主催:ベグライテン
HP:http://begleiten.org/
FB:https://ja-jp.facebook.com/begleiten2/
Twitter:https://twitter.com/Begleiten2001
問合せ先:関根
k_sekine@f7.dion.ne.jp
090-9146-6667

 

1 2 3 4 6