◆要申込◆1月28日(日)14:00~ 公共哲学を学ぶ会『平和への道は,どこに?』

posted in: 例会 | 0
北朝鮮の核・ミサイル開発に対して、米国は武力介入をもほのめかし、世界でただ1か国、
日本の安倍政権は米国の強硬な方針を支持しています。
ベグライテンは、いつ核戦争に発展するかもしれないような日米政府の強硬方針に反対し、
被爆者国際署名と安倍改憲NO!全国統一署名に取り組んでいます。
しかし、どのような運動も、理想だけに走り、現実を見ない運動は成功しません。
1月の例会の講師、柳澤さんは、安倍内閣になってからは日本政府の安全保障政策に異議を唱えて
おられますが、小泉内閣までは防衛庁・政府の高官だった方ですから、私たちの立場とは異なった
ところがあると思います。
しかし、21世紀の世界の安全保障という意味では、現実に立脚した議論をしておられる方だと
思います。
安倍政権やこれを支える日本会議、ネトウヨなどに対処するためにも、これらの影響を受けている
多くの人たちと話し込むためにも、安全保障政策の専門家である柳沢さんのお話を聴き、
核・ミサイル問題の現実を知る必要があると思います。

公共哲学を学ぶ会1月例会のご案内

戦争は、自然災害ではありません。Jアラートでミサイルから避難する、兵器を充実してミサイルを 防ぐといった対応には限界があります。誰が、なぜ戦争するのかを知って、その元をなくすことを 考えなければ、本当の安心はありません。平和に生きることを望むがゆえにこそ、戦争を一緒に考えて いきたいと思います。

 

日時:1月28日(日) 14:00~16:30

 

場所:上智大学中央図書館 8F 821会議室

〒102-0094東京都千代田区紀尾井町7-1

JR中央線・東京メトロ丸の内線・南北線/四ツ谷駅 麹町口・赤坂口 から徒歩6分 http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

 

講師:柳澤 協二 さん

(元内閣官房副長官補、NPO法人国際地政学研究所理事長) 略歴: 東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し運用局長、防衛研究所長などをへて、2004年から2009年まで内閣 官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。現在、国際地政学研究所理事長、新外交イニシアティブ 理事、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会代表。 主な著書: 『亡国の安保政策――安倍政権と「積極的平和主義」の罠』(2014年4月25日、岩波書店) 『自分で考える集団的自衛権――若者と国家』(2014年10月17日、青灯社) 『亡国の集団的自衛権』(2015年2月17日、集英社新書) 『新安保法制は日本をどこに導くか(さよなら安倍政権)』(2015年6月12日、かもがわ出版) 『自衛隊の転機――政治と軍事の矛盾を問う』(2015年9月9日、NHK出版新書) 参加費: 1,000円(学生/障害・生保ある人 500円) 懇親会: 終了後、講師を囲んで懇親会を予定しています。       (各自が飲食した分をお支払いいただきます。) 申込:会場が図書館なので、事前の申込みが必要です。 氏名、〒、 住所、 携帯番号、 メールアドレスを記入し、 次の方法 でお申込みください。

● 申込みフォーム https://goo.gl/forms/y0TraNdfvAkRcajB3

● Fax による申込み 050-3737-2636 後藤哲男 宛て

 

主催・問合せ

●ベグライテン  090-9146-6667 (関根)     https://www.facebook.com/begleiten2

●ミシュカの森 ANA71805@nifty.com (入江) https://www.facebook.com/mforest

共催:上智大学 哲学科

チラシ → 公共の哲学1月 チラシ